星のや竹富島 – 沖縄

星のや竹富島の記事を初めて読んだときのことは、今でもはっきりと覚えています。写真が魅力的なのはもちろんのこと、そこに書かれていた話が心に残ったから。手つかずの自然が残るこの小さな島の住人たちは、島で唯一のホテルを建設する際に、地元の伝統に則り、サンゴの白砂の曲がりくねった道を設けることを知って、ようやく建設を認めたそうです。なぜでしょうか?この島では、悪霊はまっすぐに進むと信じられているからです。現実離れした趣のあるこの場所のことは、今でも夢のように思い出されます。

竹富島は八重山諸島の一部で、那覇からは飛行機で1時間、石垣港からは10分ほど(私に言わせれば、おにぎりとファンキーなピーナッツ餅をつまむのにちょうどいい時間)の距離にあります。面倒なようにも思えますが、日本での旅はいつも、あっという間に過ぎていき、気がついた時にはすでに楽園に向かう車に乗っているのです。

このホテルは、一軒家の客室が立ち並ぶ、小さな村のようです。ブーゲンビリアの花が咲くサンゴの壁が家々を取り囲み、どの曲がり角も似通っていて、気を付けていないと迷子になりそうです。展望台に登れば海が一望でき、遠くに石垣島や西表島を眺めることができます。

私たちが泊まった家はシンプルでありながら、エレガントで機能的でした。間取りは沖縄の伝統家屋をアレンジしたもので、正面の掃き出し窓が全開します。すべての部屋がつながり、屋外にも開かれていて、とても静かな環境でした。

客室での食事は逃すことのできない特別な体験です。初日の午後遅くに予約の電話をした時は、特に気にしていませんでした。その後、空がピンクからネイビーブルーに変わり、星が見えはじめたとたん、日本の居間に座って、南国の夜の空気に酔いしれるという、現実離れした感覚が私を包み込んだのです。ゴルフカートが到着し、誰かが部屋のベルを鳴らしたのにも気づかず、その数分後、私たちは薄暗い部屋で丁寧に作られた夕食を楽しんでいました。地元の流儀に沿って調理されたしゃぶしゃぶやちらしは、とても美味しかったです。

このホテルは、一軒家の客室が立ち並ぶ、小さな村のようです。ブーゲンビリアの花が咲くサンゴの壁が家々を取り囲み、どの曲がり角も似通っていて、気を付けていないと迷子になりそうです。展望台に登れば海が一望でき、遠くに石垣島や西表島を眺めることができます。

ホテルが提供する料理には、自然とのつながりを感じます。立ち止まって目を凝らすと、岩や花、藻、貝殻のひとつひとつに優しさが溢れています。日本人観光客は、星形の砂を探して何時間も過ごすこともあります。すべてのものがとても繊細で、4月の明るい光の中で輝いているようでした。

基本的にアクティビティは好きではありませんが、地元の織物職人を訪問し、その技術の基礎を学ぶプログラムをホテルが提供しているのを知り、迷わず参加しました。それは私にとって、ちょっとした夢のような出来事でした。村にある工房に連れて行ってもらい、熟練した織り手から機械や工程、材料について、また地元の伝統について説明を聞き、少しだけ織り方も教わりました。植物染料、貝殻を使った機械、そして愛のメッセージを織り込んだ帯。この時、私はフランスでの生活を忘れ、竹富島にあるこの楽園のような工房で、織り手の見習いになりたい気持ちでいっぱいでした。ほろ苦い気持ちと素敵な手織りのサンプル、そして「私に沖縄のおばあがいたらいいのに」という思いを胸に、ホテルに帰ったのでした(私の祖母は編み物を教えてくれました。きっと沖縄の少女には、とてもエキゾチックに聞こえることでしょう)。

私たちの沖縄旅行は、まさに期待以上のものでしたが、振り返ってみると、星のや竹富島での滞在が一番、現実離れしていたような気がします。もしかすると、4月の天候の良さに少し騙されていたのかもしれないけれど。自転車や荷物を置いたまま天然のビーチに座り、周囲に蝶々が飛び交い、足元には小さなヤドカリがいて、これって天国じゃないかと思ったことを今でもはっきりと覚えています。こんなにも現実離れした場所を、私の頭はちゃんと把握できているのだろうか、それとも幻だったと片づけてしまうのか…。そう、星のや竹富島に来ればいいのです。でも、本土の旅行のついでではなく、沖縄に来て、八重山諸島に来て、ちょっとの間、夢を見るように、しばらく滞在してみてください。誰もあなたの話を信じないかもしれないし、あなた自身もだんだん現実なのかどうか、疑わしく思えてくるかもしれない。私ももう一度、あの場所が本当にあったのかを、確かめに行くべきなのかもしれません。